夫婦で家計を考える共働き家族のお金とは

ABOUT SITE

私はフルタイムで勤務する看護師ですが、夫も子供もいますので、共働き看護師ということになります。職場でも共働きの看護師は多く、いつも夫が家事を手伝ってくれないとか、子供の面倒をみてくれないという愚痴合戦になってしまいます。

共働き夫婦のお金に関すること

共働き夫婦のお金に関すること

共働き夫婦は収入が多く、家計にも余裕があることが多いですが、意外と貯蓄が少なかったりします。共働きに限らず、貯蓄が少ないのは、将来に対するビジョンが明確でないことと、家計に関する夫婦の話し合いが少ないことが原因です。その結果、家計の管理方法が部分的、短期的なものになり、貯蓄を増やすことができないという悪循環に陥っているのです。夫婦で世帯全体のお金に関する基本ルールを決めて、家計管理を行うことで、資産形成を図ることをお勧めします。

共働き夫婦の貯蓄とは

共働き夫婦の貯蓄とは

共働き夫婦ならば、収入は多く家計にも余裕があると思われがちですが、生活に余裕があってもしっかりと貯蓄をしていない家庭も多いようです。その原因の一例は、子供のいない共働き夫婦の場合、それぞれの財布を別々にして、家賃などの生活費をお互いに出し合い、その残りは各自が自由に使うという形態をとっているケースです。この場合、自分の稼いだお金のうち生活費以外はあまり気にせず使っているため使途不明金が多くなり、気がつくと毎月手元にお金が残らないという状況になるのです。共働き夫婦の貯蓄とはの続きを見る

やってはいけないお金管理法

やってはいけないお金管理法

家計の支出項目ごとに夫婦で負担を分担しているパターンはやってはいけないパターンです。例えば、家賃・光熱費などの固定的にかかる費用は夫が、食費・雑費などの生活費は妻が、というように支出項目で金額が同等になるように分担して、残った分を貯蓄と小遣いにするという方法です。このどこがいけないのでしょうか?その理由は、自分の支出項目の金額だけに目がいって、世帯全体の収入と支出に目が届かなくなり、その結果、貯蓄にまわすお金が少なくなり、小遣いだけが多くなる傾向になってしまう危険があるのです。やってはいけないお金管理法の続きを見る

共働き夫婦のお金に関するルール

共働き夫婦のお金に関するルール

共働き夫婦の豊かな将来を実現するための基本ルールをご説明します。まず将来像を共有しましょう。夫婦で同じ夢、将来像を持つことが、二人の豊かな家庭を築く上でも、家計管理を行う上でもっとも重要なポイントとなります。子供は何人?、マイホームはどうする?、老後はどう過ごしたい?等、これからの人生について、じっくりと話し合いライフプランを立てます。そして、そのライフプランに沿ったかたちでマネープランを考えていくのです。そのためにはお互いの収支をオープンにすることも大切です。共働き夫婦のお金に関するルールの続きを見る

看護師なら、キャリアップ転職で12万円ゲット!!

看護師なら、キャリアップ転職で12万円ゲット!!

看護師は転職しやすい職業と言えます。看護師不足の現在、看護師の資格を持っていることが就職のパスポートになりますので、自分が望む条件の職場を探すことも容易です。転職先を探すにしても、便利な看護師専門の転職サイトがあります。ハローワークとは違って、求人条件や勤務先の情報が細かく記載され、自分にあった職場を見つけやすいことと、サイトによっては非公開求人情報を持っていて、自分の希望にあったところがあれば、非公開のものでもマッチングの手配をしてくれます。看護師なら、キャリアップ転職で12万円ゲット!!の続きを見る